乱れた生活習慣を改善

乱れた生活習慣を改善し、規則正しく健康的な生活を送ることは、育毛対策にも繋がる事です。ヒトの細胞は、睡眠時に最も活発に新陳代謝を行います。
ですから、寝不足になると健康的な髪の成長を阻害するのです。それに、適度な運動をしなければ、血行が悪くなり新陳代謝が低下しますので、育毛には厳禁だといえます。

血行の悪化が髪に関係する理由は、髪の成長に影響する頭皮にまで、栄養素が行き渡らなくなってしまうためです。

男性型脱毛症(通称AGA)の発症は思春期からですが、具体的な発症年齢が決められているわけではないのです。AGAの発症時期が思春期からということは中高生でもAGAになる可能性を秘めているわけで、育毛ケアをする時期は早いほうが良いのです。

でも、医薬品認定の育毛剤は未成年が使用することが認められていないのです。未成年は医薬部外品の使用で我慢するか、より良い頭皮状態に持っていくために毎日の生活習慣を改善したりしてケアするのがベターでしょう。育毛の結果を一番に実感できるのは、生え際やおでこといった部分に産毛が生えることでしょう。

人にもよりますが、育毛薬で治療している人の場合、始めてから3ヶ月から半年程度経てば、産毛が生えているのを見付けられるかもしれません。

これを抜かず、丈夫な毛髪になれば、治療は成功したと言えるでしょう。保湿効果が大変高いことで有名なヒアルロン酸ですが、頭皮の保水力もアップさせる効能が期待できると言うことで育毛剤に入っていることも多い物質です。充分な量の水分が頭皮に存在するとベストな角質状態になって、充分に水分が髪にも行き渡ることに繋がるわけです。それから、ヒアルロン酸には血行促進効果があることが研究結果から導き出されたのです。
このことから育毛に大変貢献する成分ということが分かります。より健康的な髪の毛を作りたいのであれば食事の中で亜鉛を取るようにしてください。体内のタンパク質を髪の毛に構成するのに重要な栄養素なのです。

それに、DHTという薄毛に影響を与えるホルモンを抑制する働きもあるため、育毛と薄毛の両方に最適な成分なのです。なお、亜鉛がどのような食品に含まれているのかというと、牡蠣や牛肉、豚レバーなどですから、積極的に食べるようにしましょう。ハーグ治療や育毛メソセラピーなどの例がある直に頭皮に注射をして育毛成分を注入するという方法をとって育毛治療を行うこともあります。

薬の服用を経口で行う場合よりも有効成分がストレートに頭皮に達することから、効果の高い治療法と言われています。
注射は医師でなければできない医療行為のため、育毛サロンでは施術が受けられず、この治療を希望する時は医師が勤務しているクリニックを選びましょう。頭皮に栄養を浸透させ発毛を促す育毛剤は、効果が出るまでに時間がかかります。数ヶ月かかることも多く、時間のかかる人の場合、1年以上というケースも珍しくありません。
なぜ時間がかかるのかというと、ヘアサイクルという一本の毛髪が生えてから抜けるまでの周期が問題になるからです。

ヘアサイクルの周期には退行期といって髪の毛の成長が止まる期間が1ヶ月程と、休止期という成長が止まった毛髪が抜けるまでの期間がおよそ3ヶ月あると言われており、育毛剤を使って毛根を刺激してもその後の成長期まで発毛の可能性がないため、育毛剤での育毛には時間がかかるのです。

AGA治療専門医を謳うクリニック等ではなく、近所の医者などでAGAを診てくれるところを探すつもりなら、皮膚科が一般的ですが、内科でも診てもらえることがあります。

そして専門医より一般の医院等を受診するほうが料金は比較的安いかもしれません。

ただ、すべての内科や皮膚科がAGAの診療を出来るというのではなく、受け付けているところでも治療方法はAGA専門医のそれと比べればあまり選ぶことができません。

ヘアワックスやスプレーなどの整髪料には髪を整えやすくするよう界面活性剤の入ったものが多いので注意が必要です。界面活性剤は髪の主成分であるコラーゲンを破壊するので、普段からあまりたくさん使用したり洗髪後のすすぎ残りがあったりすると抜け毛を増やすことになります。これがAGA治療にとってマイナスであるのはいうまでもありません。なるべく髪と地肌にやさしい成分の整髪料を使い、スタイリングの際は必要な量だけをとり、地肌への付着を避けるように注意しましょう。
AGAは思春期以降であれば誰でも発症する可能性があります。
AGAの発症年齢については特定の判断基準はないのですが、思春期以降なら10代であろうと、たしかにAGAであると認められる場合があります。けれども脱毛や薄毛の発症にはストレスや他の疾患などが隠れている場合がありますから、専門医の診察を受けることを推奨します。それから、AGAに効果を発揮する治療薬のフィナステリド錠(商品名プロペシア)は、今のところ未成年者への処方は禁じられているため、受診時点で未成年の場合はプロペシア以外の薬を処方されるでしょう。

こちらもどうぞ>>>>>頭皮の臭いのケア

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です